2017年3月1日水曜日

帝国妖異譚についてのメタ案内

 管理人はテキストに記述したセリフや地文を動画やゲームに変換するツールHachi++を開発しています。テストを含めて数多くの動画を作成しているのですが、そうしているとやがて困ってくるのが「ネタ」ということになります。青空文庫やプロジェクト杉田玄白、Wikipedia、SSなど、転載可能なものを利用させていただいているのですが、どうもお堅い内容のものが多かったり、クリエイティブコモンズの継承条件で頭をひねったり、転載可となっているのにも関わらず利用し辛かったりと、いろいろと壁にぶつかることが多かったりします。

 結局、「お話」を自由に利用するためには、自分で創作していくしかないというところに落ち着き、帝国妖異譚を立ち上げることにしました。本ブログで掲載している記事は、特に断りのない限りクリエイティブコモンズ(CC BY 3.0)でご利用いただくことができます。私と同じようにネタ探しで困っている方々のお役に立てれば幸いです。

 帝国妖異譚の物語の中には、元ネタが存在するものも多くあります。それらは著作権保護期間が終了したものであり、そうしたお話の中から妄想を広げ、あるいは時代や背景などを置き換えたり、あるいは全く別のストーリーに展開したりしています。

 当初は、各記事毎にそれらの出典を記載していましたが、一般の読者にとっては興ざめにしかならない可能性が高いということもあり、現在では記載していません。ただ、そうしたものを読み込んでいると、資料としての価値が高そうなものも多く、創作者や研究者の人々に役立つかもしれないこともあり、やはり出典をどこかで記載しておきたいと考えました。というわけで、このページにて元ネタがあるものについては、出典を記載していくことにします。
 
 素晴らしい作品を後世に残してくださった先人に、百万の感謝を!

平成29年3月1日
sokyun@hachistudio

ギバ
元ネタ:民俗怪異篇 礒清 著 昭和2


0 件のコメント:

コメントを投稿

TYT 001-009

TYT-001 - [ACCESS DENIED] TYT-002 - [ACCESS DENIED] TYT-003 - [ACCESS DENIED] TYT-004 - [ACCESS DENIED] TYT-005 - [ACCESS DENIED] TYT-0...